こんにちは。
コウさんです。

いよいよ下関海峡マラソンの当日を迎えました。
昨日は2つも温泉に入って体調も万全です。

6時半にはチェックアウトして会場に向かいます。

IMG_1782
下関駅近くに駐車して高架橋を渡ります。

IMG_1783
海峡ゆめタワーが見えますね。
タワーの前がスタート地点になります。

IMG_1784
駅から続々とランナーが出てきていますね。
すごい人。

IMG_1785
会場に入りましょう。
天気は曇り空ですが、朝焼けでいい雰囲気です。
IMG_1791

海峡メッセ下関の会場にはたくさんの人で一杯。
フルマラソンの参加者は約1万3000人だそうです。
去年参加しているので、特に慌てる事も無く、着替えを済ませて軽くアップ等。


IMG_1786
表彰会場の前で記念写真を撮る余裕も・・・?

8:30スタートで30分前にはスタートブロックに集合します。
トイレ渋滞がありましたが、なんとかBブロックに入りました。

IMG_1795
スタートブロックでも余裕でポーズ取ってますが、大丈夫でしょうか?

ゲストランナーには今年も猫ひろしさん!
カンボジアから来日だそうでご苦労様です。
猫さんが走ると盛り上がるんですよね~。
素晴らしい現役ランナーです。

開会セレモニーが終わり、8:30フルマラソンがスタートしました!

昨年の反省からスタートはゆったりと入ります。
スタートの号砲から約1分遅れでスタートゲートを通過。

fullmap_s
コースは海峡ゆめ広場を東へ進み関門大橋の下をくぐります。
この辺りはキロ6分半くらいで準備運動。

市立美術館付近で折り返し、再び関門大橋を通過し、唐戸市場、カモンワーフ、海響館と観光名所を次々と通過。
選手の渋滞も無くなってきて走りやすいです。
沿道の声援も多くて嬉しいですね。
この辺りはまだまだ余裕。

彦島へ渡っていよいよ登りが始まります。
さあ、ここからが今までの練習の成果を出すとき。

彦島トンネル内で20km通過。
この付近でキロ5分半くらい。
まだまだ慎重です。

彦島大橋付近の響灘の絶景に感動する余裕もあって今年は調子が良さそう。
先頭の折り返しがもう戻ってきました。
10番前後の猫さんを応援。
「猫さん、がんばれ!」
すこし笑顔を返してくれた気がします。
走り去った先も声援がどんどん続き、遠くで「にゃ~」って叫び声が聞こえました。
さすが猫さん!
(あとで聞いたところによると今年下関海峡マラソンでのご本人ベストタイムを更新したそうです。おめでとうございます!)

長い上りと下りを繰り返しながら道を左に曲がり、25km通過。

このあたりから、やや足に違和感が・・・。
出島への長い橋の下りがきつい。
それでもこの先のお楽しみのために気分を上げて走ります。

出島の折り返し地点にトイレがあったので少しトイレ休憩。
そしてお待ちかねの「菊川そうめん」!
紙コップにわんこそうめん状態で並んでいます。
それでは、いただきま~す!!


う~ん!やはりうまいです!

後半の辛い場所にこのご褒美。
最高のタイミングでしょう。
ありがとうございます!
その他にもパワージェルももらってガソリン満タンになりました!

すっかり気分も良くなって折り返しコースの長い上り坂へ。
半分くらいの人が歩いていますが、ここは踏ん張りどころ。
出来るだけ、足の筋肉に頼らずに、股関節を前後することを意識して坂を上っていきます。
考えるのは股関節からの足上げのみ。
ただそれだけで上り坂は走れてしまうのです。

ただ、ペースは中々上がりません。
32キロ付近でコーラを頂いた辺りから、「最初は諦めていたけれど、もしかしてサブ4可能なのでは?」と考えるようになり、遅ればせながら徐々にペースアップ。

出島を折り返したときはサブ4のペースランナーから約3分の遅れだったよな・・・。
なかなか厳しい差ですが、体力的には問題ない。

36キロの彦島大橋を渡ると後は下るのみ。
足がつる不安はもう完全に頭から無くなっていました。
ついにロングスパート開始!

そこからはとにかく必死で足を前後しピッチを上げます。
とはいえまだ残り5キロほど。
重心は出来るだけ高く保ち、姿勢をキープ。
上半身はリラックスに努め冷静に呼吸します。

去年足がつって動けなくなった交差点もスピードを上げて通過。
・・・気分いいね。

給水ポイントはほぼ無視してスルー。
ちょっと速いかな・・・。

関彦橋を渡ってUターンのおり返し付近で疲労はピークを迎えます。
40キロすぎのタイムでサブ4にはかなり無理があるのは分かっていましたが、ここまで来たからには最後まで行きます!
後は気力と根性のみ!
ひたすらピッチを上げ続けました。

メイン会場が近くになり、声援は益々大きく。
あと少し。

目を開けるのもキツイ中、キロ4分台を維持したまま、最後のコーナーを回るとゴールゲートが。


ゴール、・・・とおいよ。

必死で走っているはずなのに、まるで止まってるみたい・・・。


スピーカーから大音量で、自分の番号と名前を呼んでくれたと思いますが、全く聞こえてませんでしたね。

ゴール横の時計を確認し、ついにフィニッシューーー。



あ~、しんどかった・・・。



結果、タイムの方はサブ4に2分半ほど届きませんでした。



結構飛ばしたんだけどなぁ。

折り返しから1分も縮められんかったんか。

あ、トイレ休憩しとったしな。もう少し縮んだか?

初めから本気で目指しとけばサブ4いけたかもな~。


今年は「最後まで完走する」のが目標。
それは達成しました。

でも、達成感があったかと言えば、・・・微妙な感じ。

・・・来年の宿題がまた残ってしまいましたね。

というか、多分、どんな走り方しても、また挑戦したくなる大会なんですよ!

この適度に満足させない感じ。

下関海峡マラソンは全国でもキツイコースの部類に入ると思います。

でもハマり易い底なし沼のような、素晴らしい大会なんです。(笑)

来年はもっと練習して帰ってきます!

ありがとうございました。

IMG_1860
下関海峡マラソン2019の完走証です。

お疲れ様でした。


*****


昨日の日乃出湯温泉が通常より1時間早く営業してくれるとの事で、早速向かってみました。

14時前に着いたので駐車場に止め入浴。

ほぼ営業開始と同時でしたが、ランナー以外の人もどんどんやってきます。

地元の皆さんもよくご存じです。

洗い場で身体を洗っていると隣のおじさんが話しかけてくださいました。

「シャンプーはここにあるんで使ってええよ。」

「あ、ありがとうございます。」

「あんたマラソン?」

「はい」

「どっから来た?」

「広島からです」

「この風呂に早く来るんは、いっつも広島じゃ」

「・・・そうですか。アハハハハハ。」

サブ4にも達していない平凡なタイムだったのに、褒められてるようで、なんか居心地が悪い・・・。
でもおじさんにとっては結果とかはどうでもよくて、この地元の銭湯に来る観光客との会話を楽しみたいだけだと思います。

おじさんの精いっぱいのおもてなしに感謝。

ほっこりと、このあったかいお湯のおかげもあって、ゆるゆると気持ちも解きほぐされ、気分も良くなりました。

そしてサウナ後の源泉風呂、これホントきもちいな~。



*****

IMG_1805
足を引きずりながら、夕食は「大衆食堂一善」へ。

IMG_1804
がんばった自分のご褒美にスタミナ定食を頂きました。
あたたかなご飯とお肉が旨い!
ご馳走様でした。
ここはメニューが多くておすすめです。


大衆食堂一善
〒750-0025 山口県下関市竹崎町1丁目15−30
083-232-4082
9:00~23:00 火曜日定休






*****

今回はここまでです。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.