こんにちは。
コウさんです。

今回は島根県雲南市に11/19にリニューアルオープンしたばかりの温泉施設、「国民宿舎 清嵐荘」に日帰り入浴に行ってきました。


土曜日の午前中に所用を済ませて、お昼から車中泊の準備をして出発。

いつものように国道を三次方面へ。

途中可部のスーパーの駐車場でお昼のお弁当タイムを取り、三次からは松江道を出雲方面に向かいます。

ここまでで2時間半位。

高野SA(道の駅高野)でリンゴを買おうと寄ってみましたが、あまり数がなく残念。
今回は見送りました。

その代わりではないですが、今まで見たことの無かった「ゆきむろ」を覗いてみました。

IMG_1960
IMG_1961
IMG_1959
IMG_1958
IMG_1957
IMG_1956
IMG_1955
雪による冷却効果のみで食料を保存しています。

写真では分かりずらいですが、雪の量は結構少ないです。

昨年の2月に搬入した雪が少しずつ解けて今の状態になっています。

それでも実際に入るとやはり寒い!

なんせ室温が0度ですからね。

ヒンヤリ体験をする時期を完全に間違えましたね(笑)


*****


道の駅高野を出発し再び松江道へ。

雲南吉田ICを降り、40分くらいですかね。

ようやく今回の目的地に到着しました。

もう17時だよ…。

IMG_1962
こちらが「国民宿舎 清嵐荘」です。

黒壁の和風建築がカッコいい。

IMG_1964
IMG_1965
夕暮れ時にライトアップされた建物は、勿論出来たばかりですのでピカピカ。美しい〜!
IMG_1997
お祝いのお花がたくさん。
IMG_1998
IMG_1999
お祝いのお酒もズラリと並んでいます。
IMG_2001
落ち着いたロビーの様子。
IMG_1996
IMG_1966
受付で日帰り入浴を伺うと1階のフロアに行ってくださいと言われました。

ん?ここは1階ではないの??

館内案内を見ると、何とこちら正面玄関から入ったフロアは2階でした。

なので1階の大浴場は1つ下の階になります。

IMG_1967
1階に降りると、これまた素敵な休憩ロビーがあります。
IMG_1969
畳コーナーも有る。

雑魚寝できますね。

IMG_1970
マッサージチェアは有料。
IMG_1968
廊下の奥が大浴場で手前の緑の暖簾は家族風呂。
IMG_1971
IMG_1972
次回は家族風呂も入ってみたいです。
IMG_1973
今回は廊下の奥にある大浴場へ。
大人550円。
IMG_1974
おろちの湯ですか・・・出雲らしいですね。

それでは入湯~。





まず、鍵付きの下駄箱があり靴はその中へ。

脱衣所には無料の鍵付きロッカーがあります。


オープン後、最初の休日という事で、人が多い。

宿泊客の入浴時間と重なったのかな?


洗面所にはドライヤー完備。

その他に紙コップ付属の冷水器などがあります。

これは有り難いですね。

IMG_1976
浴室内は横長の内風呂があり、正面のガラスの向こうには露天風呂が。

ライトアップされたお庭が見えます。きれいですね~。

IMG_1975
中央の給湯口からは絶えず温泉が掛け流されています。

お湯の方は貯湯槽にためているみたいです。

給湯口とは別に、湯舟の底壁からも熱めのお湯が噴き出しています。

循環との併用かな?塩素の臭いが少しあります。

IMG_1984
露天の岩風呂。

これは結構熱いですね。

ここも中央の岩から熱い温泉が掛け流されてきます。

塩素臭はあんまり感じないな?

適度に深さもあって肩までしっかり浸かれます。

これはあったまりますね~。

ライトアップされた庭を眺めながら癒しのひと時。

極楽です。

リニューアル工事の前はお風呂から斐伊川が眺められてそうですが、今はライトアップされたお庭のみ。

斐伊川は見えませんね。ちょっと残念。

IMG_1987
奥にある不規則な庭石。

数えると8つあります。

・・・ということは。

これは出雲神話に出てくる8つの頭と8つの尾をもつ八岐大蛇をモチーフに表した庭石ですね。

それで、おろちの湯か。

IMG_1981
こちらはかめの湯舟。

ぬるめのお湯になっています。

このかめの湯舟と熱い露天岩風呂を交互に入るのがオススメですね。

露天の岩風呂でゆっくり夜空を眺めていると、雲の隙間から時々星がいくつか見えました。

辺りはとっても暗いので、晴れた夜には満点の星が眺めれそうですね!

IMG_1990
湯上りに成分分析表をチェック。

源泉は出雲湯村温泉「元湯」と同じですね。 

IMG_1992
風呂上がりに畳コーナーで休憩。
IMG_1994
木次のコーヒー牛乳を頂きました。

ミルクが濃厚で美味しかったです。

IMG_1995

宿泊の家族づれも楽しそうに寛いでいました。

やはり新築の建物は気持ちがいいですね。

オープンしたての温泉施設に入れる機会なんて、そうそうないのでラッキーでした。


File No.111 国民宿舎 清嵐荘
〒690-2314 島根県雲南市吉田町川手161−4
0854-75-0031
日帰り入浴 11:30~20:00 550円




*****

すっかり暗くなりました。

お腹も空いて来たので、夕食を食べましょう。

出雲に来たら「ごはん亭はしもと」ですね。

駐車場の広~いドライブインです。
IMG_2008
玄関マットの色が変わってました。


IMG_2007


IMG_2006
お惣菜はどれも手作りで美味しい。

各種定食も豊富です。

IMG_2003
ちょっとリッチに牛スタミナ+しじみ汁+ご飯の大!

鉄板でじゅうじゅう焼かれた牛肉を甘辛いタレにIN!

アツい!けどうまい!!

最高です!!!ご飯が進みます!!!!

しじみ汁もいいお味。疲れが取れます。

私の中で、この組み合わせ定食はごはん亭はしもとの鉄板定食!

ご馳走様でした。


ごはん亭はしもと
〒699-0406 島根県松江市宍道町佐々布2457−120
0852-66-0425
10:00~20:00




*****

それでは、今晩の車中泊場所「道の駅 湯の川」へ。

IMG_2009
IMG_2010
IMG_2011
最近は「道の駅での車中泊をご遠慮ください」との張り紙がよく目につきます。

まあ本来の目的は仮の休憩場所ですからね。

私の利用方法がイレギュラーなので当然なんですが・・・。

今後は車中泊の場所を考えないといけませんね。どうしようかな?

とはいえ、今日はもう他にあてもないし、眠たすぎます。

スンマセンが、おやすみなさい。



・・・あ、星が写ってた。



*****

今回はここまでです。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.