こんにちは。
コウさんです。

前回、松江ニューアーバンホテルでモーニング付きの日帰り温泉を満喫しました。

宍道湖を眺めていると少しドライブがしたくなりました。

宍道湖の北側、国道431号線を宍道湖を左に見ながらのんびりドライブ。

すると、いました!

IMG_2073
真っ白の綺麗な鳥が水中に首を突っ込んでぷかぷかと浮いています。

そうです。ここ宍道湖は白鳥の飛来地なんですね。

つがいでしょうか。仲良く餌を探しています。

それにしても白鳥は本当に大きな鳥です。

宍道湖は水鳥がたくさん飛来していて、その数の多さに驚くのですが、特に白鳥は真っ白な色と大きな体で存在感がとてもあります。

近くで見たいところですが、彼らも経験から人間が近くに来れない場所を心得ているのでしょう。

遠くからしか見えませんね。

*****

しばらく西へドライブし、次の日帰り温泉に向かう途中でトイレ休憩。

立ち寄ったのは「宍道湖グリーンパーク」。

野鳥の観察が出来るようなので行ってみようと思いましたが、館内は有料みたいなのでやめにして車に戻る途中、なんだか騒々しい鳥の鳴き声が聞こえてきました。

聞こえてくるのは駐車場から北の方向。

なにか予感がして行ってみる事にしました。

駐車場から歩道を田んぼの方へ歩いていくと・・・。

IMG_2076

あ~やはり!

稲刈りの終えた田んぼに水が少し張られていて、その場所にたくさんの白鳥たちがいます。

今まで宍道湖にぷかぷか浮かんでいる白鳥しか見たことが無かったので、まさか田んぼに白鳥がいるなんて想像もしていません。

嬉しくなって近づいていくと、立て看板があります。

どうやらここは地元の農家の協力で、冬の間水をためて白鳥が飛来しやすい環境を作っているとの事。

また、白鳥が警戒するような行為は控えるようにとのお願いが書かれていました。

なのである程度の距離を取って、そうっと眺めます。

少しでも距離が近くなると、警戒して離れて行くのでその加減に気を使いますね。

IMG_2077

スマホの写真も精一杯拡大して何とか記念の1枚を収めました。

田んぼのタニシでも取っているんでしょうかね。

随分せわしなくついばんでます。

今のうちに栄養をしっかり取って3月になったら大陸へ飛び立っていくのでしょう。

可愛い白鳥がたくさん見れて良かった。良かった~



そんな事を考えながら車への道を歩いて戻っていると・・・。

突然、バサァ~ッ、バサァ~ッと、大きな羽音が聞こえました。

その方向に目を向けると、飛び立ったばかりの白鳥たちが5羽、目の前を優雅に羽をはためかせ、長い首を真っすぐ進行方向に向けながら、まるでスローモーションのように横切っていきます。

その羽音の大きさに圧倒!

ブン!ブン!と空気を切る音がはっきりと聞こえます。

そしてその真っ白で大きな身体は、いとも簡単にどんどん上昇。

あっという間に遠くの方まで飛び立ってしまいました・・・。




・・・。


ううう~。

なんだこれ


めちゃくちゃ感動するんですけど~!


地元の方々が白鳥を大切にされている気持ちが、よくわかったような気がします。

こんな美しい鳥が毎年のように帰ってきてくれるなんて、ほんと誇らしくなりますよね。

松江・出雲の自然環境への取り組みに感動です。

素敵な時間を過ごす事が出来ました。

ありがとうございました。


宍道湖グリーンパーク
〒691-0076 島根県出雲市園町1664−2
0853-63-0787
9:30~17:00 火曜日定休





*****



さて、そろそろ今回最後の日帰り温泉と行きましょう。

宍道湖グリーンパークから車で走ること約40分。

小高い丘に上がると運動場があります。

そのスポーツ公園内にある温泉施設。

IMG_2099
「出雲平成温泉 出雲保養センター」です。

見た感じスポーツ施設の管理棟のようですが・・・。

こんなところに温泉があるのでしょうか?

中に入ると自動発券機があります。

500円の入浴券を受付にわたして浴場へ。

IMG_2100
「ゆ」ののれんがお出迎え。

安心しました。

温泉があるようですね。(笑)

IMG_2128
浴室入口の手前、左にはソファやテレビのある休憩所。

IMG_2101
そして浴室入口の手前、右側には畳の休憩所も。

こちらは湯上りのごろ寝には十分な広さがありますね。よしよし。

休憩場所のチェックはOKです。

それでは行ってみましょう。
IMG_2102
脱衣所は鍵付きの木製ロッカーがあります。

IMG_2126
洗面所にはドライヤーも完備してます。

IMG_2104
成分分析表もチェック。

ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉。

源泉温度は57.1℃。結構高いね。
IMG_2127
循環ろ過。塩素消毒があります。

源泉温度が高めだけれど、加温しているってことは、貯湯槽でお湯を貯めてるんでしょうね。

それでは入湯~。

IMG_2122
洗い場は十分すぎる数があります。

ボディソープ、リンスインシャンプーも当然完備。

それにしても室内は明るいなぁ~。

無骨な石タイルの床がいい感じですね。

IMG_2120
そしてこちらが内湯。

浴室内が明るいのも当然です。

大きな窓が壁2面、微妙な角度で張られてます。

天井も高くて不思議な形の建物のようですね。

IMG_2107
入ってみると・・・。

お湯のあたりが優しいです。

トロトロという訳ではないけれど、滑らかな肌触りがはっきりとわかります。

当然ですが、水道を沸かしたお湯とは全く違います。

お湯に浸かったとたんにその違いがはっきりと分かるくらい違うんですよ!

これは気持ちいい!これ個人的にはかなり好みの温泉です。

はじめはこんなスポーツ施設の管理棟のような場所に温泉なんてあるんだろうかと疑った私が浅はかでした。すみません!

湯温も適度に熱め。41℃くらいかな?

好きな湯温でお湯の管理は完璧ですね!!

IMG_2106
今日は特別にゆず湯にしてもらっているようです。

ゆずのいい香りがします。

益々身体が温まりますね~!

IMG_2103
脱衣所にはってあるゆず湯の案内。

さて、この内湯にずっと入っていたいですが、そうもいかないので露天風呂へ行ってみましょう。

IMG_2110
2段式の床が贅沢な造りの露天の岩風呂。

きれいな薄いブルーのお湯ですね。

IMG_2111
ここはさらに熱めのお湯が掛け流されています。

IMG_2114
深さはちょっと浅め。

外の風が冷たくて気持ちいいです。

IMG_2112
マイナスイオン満喫ですね。

このお湯も同じく浴感最高です。

IMG_2116
すっかり温まったので、のぼせそうです。

石のベンチで休憩。

ここから見ると、お湯の色がよりブルーかかって見えます。

向こうに見える変わった天井の建物は女湯の換気天井。

同じ形の天井が男湯にもありますね。

内湯から見た微妙な角度のガラス窓の正体はこれか。

多面体の凝った作りになっているんですね。


***


その後、もう一度内湯を堪能。

循環ろ過で塩素消毒されているけれど、噴出量が豊富らしく毎日全量換水していています。

なのでこんな優しい浴感の新鮮なお湯に入れるのですね~。

贅沢すぎて申し訳ない~!

ここの温泉はほんとオススメですよ。

***


お風呂から上がったら、すっかり火照った体を休めに行きます。

湯上りの定番は、畳の休憩所で雑魚寝。

これ以上の至福の時間があるでしょうか~。

あ~、もうしわけない。

ちょっと横になって休むだけですから。

湯上りでくらくらしてるので、それが覚めたらすぐに帰るんで・・・。


・・・。


・・・。


・・・気が付いたら(やはり)40分くらい爆睡してました。


他にもいびきをかいてる地元のおじさんがちらほら。(笑)

ここでは当然そうなりますって!

さすが保養センター。

完全に疲れが取れましたね。



さあ、それでは広島まで帰りましょう!


♨File No.113 出雲平成温泉
〒693-0036 島根県出雲市平成町2320−13
0853-23-6386
10:00~20:30 500円






今回はここまでです。
温泉も良かったけれど、何といっても白鳥が見れたのが素晴らしかった!
感動でしたね~。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.