こんにちは。
コウさんです。

今回も四国プチお遍路体験の続きです。

前回は「第54番札所 延命寺」を参拝しました。

そこから10分程の距離にあるのが今回参拝するお寺です。


IMG_2922
四国霊場 第55番札所 南光坊」です。

名前に「寺」ではなく「坊」がつくんですね~。

今治市沖に浮かぶ大三島の大山祇明神がこの地に別宮を建て、
その時に別当八坊の一つが移ってきたのがこの寺の始まりと言われています。


それにしても立派な山門ですね。


両端に睨みをきかしてたたずむ門番。

大迫力
です!



IMG_2921
その像は表と裏に2体づつ合計4体。

四天王です

IMG_2925
山門表の左から「持国天」。
IMG_2927
この迫力!

IMG_2924
そして左が「多聞天」。

こっち見てます・・・怖い

IMG_2929
右腕にがいますね。



緊張するな・・・。

合掌して一礼。

そ~っと境内へ。



IMG_2916
山門を振り返ると左側に「広目天」。

IMG_2930
左手に巻物を持ってます。

IMG_2918
そして右側に「増長天」が・・・めっちゃ怒ってる!

剣振り上げてるよ~ ヒィ~


IMG_2932
いまにも動いて切り刻まれそうや~。

IMG_2920
日本遺産のプレートを見つけました。

四天王の迫力にタジタジになりながらも本堂を目指します。


IMG_2933
こちらが本堂。

四天王に邪念は取り払われました。

それでは参拝をしましょう。

柄杓で手を洗い身を清めたら、献灯・献香。

納札を納め、鐘を打ったらお賽銭を納め礼拝。

ここまで一通りの流れはOKです。

御本尊は「大通智勝如来(だいつうちしょうにょらい)」


お釈迦様の師にあたる如来だそうです。

さて、読経。

真言は「なむ だいつうちしょう ぶつ」。

あ~ダメだ~。もうあかん、わけが分からん~。

仕方がない・・・。

ここは考えたらだめなんですよ。

黙って両親の読経に続いて音読するのみ。


IMG_2911
つづいて大師堂。


IMG_2912
同じように参拝をします。

なので一つのお寺を参拝するのにローソクや線香、納札は2セット必要になります。

IMG_2935
芭蕉の句の石碑がありました。

IMG_2934
「ものいへば 唇寒し 秋の風」

この句の前「人の短を言う事なかれ 己の長をとく事なかれ」の後に添えられた名句。

人の短所を言った後はなんとなく寂しい気持がする。

転じて、なまじ余計は事を言えば、そのために災いを招くという事ですね。


わたしもつい余計なことを言ってしまい後悔することが度々ある。

特に自慢話など人がききたくもないことを言ってしまったり・・・。

困ったものです。

そんな時はこの芭蕉の句を思い出して、気を付けるようにします。


IMG_2938
参拝が済みましたので納経所で御朱印をいただきました。

今回は両親に御朱印帳をお借りしましたが、四国お遍路用の御朱印帳もありますので、今度来るときにはそれを買い求めようと思います。


四国お遍路2つ目が終了。

参拝の順番や作法が少しわかってきました。

またそのお寺ごとに歴史があり、見どころも違うのだと気づきました。

そのあたりもゆっくりと見ていければお遍路の旅は面白いと思いますね。

とくに四天王の像は必見の価値がありますよ!




四国霊場 第55番札所 南光坊

〒794-0026 愛媛県今治市別宮町3丁目1

0898-22-2916






今回はここまで。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.