こんにちは。
コウさんです。

世間では新型ウイルスの影響で人込みを避け外出を控えています。

この混乱はいつまで続くのでしょうか?

観光地やイベント会場など、お客さんが激減して大きなダメージを受けています。

確かに新型ウイルスの感染拡大は防がなくてはいけません。

元々私は人込みは苦手。

外出は控えるべきですが、出来るだけ人の少ない温泉を目指す事にしました。


国道54号線を北へ。

三次市も抜けると県境の赤名峠のトンネルを超えます。

以前は冬のこの時期は雪がとても多く、このトンネルを抜けたとたんに真っ白な雪景色で驚いたこともありました。

かつてその先にドライブインがあって随分と賑わっていましたが、2011年に営業を終了。

今は草に覆われ寂しそうな廃墟になっていました。

時間は残酷に留まることを知らず進んでいきます。



島根県に入ってから20分もせずに温泉の案内看板がでてくるので左へ。

しばらく田舎道を進んでいくと、立派な木造の建物が見えてきます。

IMG_3485
今回の目的地に到着です。

「加田の湯」

IMG_3484
目の前には「神戸川(かんどがわ)」の支流が流れています。

この川の水は北へと長い旅をし、出雲市に入って日本海まで続いています。

自然の雄大さを感じますね。

IMG_3483
それでは車を止めて行ってみましょう。

ジムニー待っててね~。

IMG_3486
中に入ると案内板が。

受付で入浴料500円を払います。

IMG_3487
ロビーにはストーブもあって暖かい。

IMG_3489
有料のマッサージチェアもあります。

IMG_3490
また、建物左手をぐるりと回って奥のほうに行くと、無料の休憩所が。

IMG_3491
座布団、枕、かけ毛布まであります。

これは湯上りにごろ寝ができますね!

IMG_3492
テレビもありますが、私はできたら静かに過ごしたい派です。

IMG_3493
廊下を戻っていくと、左手に食堂が。
IMG_3494
「ごんべえ茶屋」。

営業されていました。


それでは浴室へ行きましょう。

IMG_3496
女風呂の隣に男風呂。

左右対称の作りです。

IMG_3495
男湯は「ごんべえの湯」

それでは、入湯~。

IMG_3497
泉質はナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉

源泉温度は14.8℃

加温しています。

脱衣所は鍵付きのロッカーがあり、ドライヤーも完備です。

浴室は5名ほど先客ありですね。

IMG_8041
<飯南町公式観光ガイドより>

浴室に入ると茶色(金色?)に濁ったお湯が目に入ってきます。

全く底が見えませんね。

なかなか濃そう・・・。



とりあえず体を洗いましょう。

シャワーは7か所ほどあって余裕のスペース。

ボディソープ、シャンプー、コンディショナー完備です。

とてもきれいに手入れされており、清潔感あります。

見上げると太い天然木の張りがむき出しで天井まで丸見え。

とても迫力のある空間ですね。

洗い終わったら、内湯に入ってみます。



んん?

湯温はぬるめで、見た印象よりもさっぱりとした浴感。

鉄さび臭いかなと思っていましたが、無臭です。

なめてもしょっぱくないです。

これは意外にも優しいお湯ですね。

湯の中に小さく湯の花も舞っています。

しばらく入っていると、給湯用の木箱からシューシューと音がして、暖かいお湯が注がれてきます。

時々こうしてお湯を温めているようですね。


浴室内にはサウナもあります。

乾式サウナは一人一人発泡材のマットを持ち込むスタイル。

5人がぎりぎり入れる広さです。

90度以上でしっかり汗をかけます。


その後の冷水風呂も勿論あります。

驚いたのはその水の冷たさ!

水温計はなかったのですが15℃以下でしょうね。

今までに入った中で一番の冷たさ。

冷水に慣れている私でも30秒と入れませんでした。

ほとんどの人は水温を確かめたら入るのを諦めていましたよ~。



何度か冷温交互浴をして気分もさっぱり。

とても清潔感のあるいい温泉でした。


その後はもちろん、無料休憩所でごろ寝

他にも何組かお客さんがいましたが、みなさんそろってごろ寝。(笑)



静かな自然の中にある、古民家の実家にいるような居心地の良さ。

世間の新型ウイルスの騒動など嘘のようなのんびりとした場所です。

日陰にわずかに残った真っ白な雪と真っ青な空。

風に揺れる木や草をぼんやりと見ながら、心地の良い眠りに落ちていました。


何もないところですが、ここ「加田の湯」には私に必要な温泉の要素がすべて詰まっています。

ここはいいところです。

人が増えるとちょっと困るので、内緒にしておきましょう(笑)





♨File No.143 加田の湯

〒690-3402 島根県飯石郡飯南町下来島707−2

0854-76-3357

10:00~20:00 500円(2020年2月より改正)

定休日 第2,4火曜日





今回はここまで。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.