こんにちは。
コウさんです。

前回、「湯郷鷺温泉会館」からホテルに行く途中、

気になる温泉を見つけました。
IMG_4712
「湯郷鷺温泉会館」の隣に小さな平屋の建物に「ゆ」の暖簾が。

気になります。

ということで、翌日行ってみることに。

*****

翌朝。

「湯郷温泉 かつらぎ」の朝食後、行ってみました。

歩いて2分。

ほぼ、隣です。(笑)

IMG_4749
到着。「湯郷温泉 村湯・療養湯」です。

8:00から営業しています。

IMG_4750
それでは中へ。

IMG_4751
公民館のような簡素な館内。

IMG_4752
え~と?

これは、どちらに入ればいいのかな?

受付で尋ねると、「村湯」は地元の自治会の方が入れる温泉で

一般の人は「療養湯」に入れるとのこと。

入浴料は700円。

結構高いですね。

それから、こちらは石鹸類の使用は禁止。

・・・。

それでは「療養湯」へ行ってみましょう。


IMG_4753
温泉分析表

泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉

PH値は8.5です。


脱衣所は狭いね。

家の風呂に入るみたい。

それでは入湯~。

IMG_4754
浴室もこじんまり。

内湯のみのシンプルなお風呂です。

一番に来たのに先客が既に入っているっていうね・・・。

地元の人は段取りが早い・・・💦

石鹸は使えないので、軽くお湯で体を流して

ゆっくりと、いただきま~す。


さっきから、気になっていたのですが、

匂いますね。

硫黄の匂いが


昨日の日帰り温泉ではちょっと残念だったのですが

ここは源泉かけ流しです!

湯はややぬるめかな。

なるほど。

これは石鹸無くても

温泉の成分だけで

十分皮膚の汚れを取ってくれそうです。



思い切って地元の方に話しかけてみました。

そうするとやはり源泉をそのまま引いてきていて

寒い時期は加温しているよう。


今日は加温しているそうです。

とはいえ、やや「ぬるめ」ですけどね。(笑)



お湯は無色透明ですが、時々黒いカスが漂っています。

これは配管の汚れか何かかな?



まあ、あんまり気にはならないので

このまろやかなお湯にゆったりとつかりましょう~。



朝からすでに2湯目(1湯目は「湯郷温泉 かつらぎ」の湯)

なのですが、ここはいいですね~。


けれど・・・、

やはり長湯は無理そう。



もっと入っていたかったけれど

30分ほどで上がりました。

いいお湯でした~。

*****


IMG_4756

IMG_4755
休憩コーナーでしばし涼みます。

出てすぐは汗が噴き出してましたが

少し涼んだら、結構皮膚がさっぱりしてきました。

むしろサラサラ。

気持ち良いですね。

IMG_4759
お湯の効果についての効能書

硫黄の匂いがあって、ここに来れば痛みなどに効き目があるし

持って帰っても同様の効果がある極めて稀なお湯だよって証明書かな?

なるほど。

湯郷温泉の源泉は

療養効果のある成分が多く含まれているようですね。

少し値段が高めでしたが

また入りに来たくなる

いい温泉でした。

湯郷温泉に来られたら

必ず立ち寄ることを強くお勧めします!

IMG_4760
今日はいい天気になりそうです。


IMG_4761
円仁法師像です。

湯郷温泉を発見した高僧ですね。


IMG_4762
円仁法師、ありがとうございました。

いいお湯、まだでてますよ~。


♨File No.151 湯郷温泉 村湯・療養湯

〒707-0062 岡山県美作市湯郷560

0868-72-0279

8:00~20:00 700円

休館日:第3水曜日




今回はここまで。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.