こんにちは。
コウさんです。

今回は鳥取温泉旅5回目です。

いよいよ最終回となります。

前回は三朝温泉河原風呂に入って

風格のある温泉宿「後楽」をチェックアウト。

もう少し三朝温泉の湯につかりたい。

午前中にもう一湯行ってみますか~。



スマホで調べていると

温泉街に貸し切りで入れるお風呂を発見。

今朝、宿の朝風呂がちょ~っとバタバタしてたので

最後にゆったりラドン温泉と行きましょう!

という事で無事予約も取れ行ってみました。


IMG_5631
それがこちら「清流荘」です。

ちょうどチェックアウトの時間と重なって

ジムニーが宿泊客の車を邪魔する形になってしまい

ご迷惑を掛けました。

何とか奥に駐車。

すみませんでした~。

image
狸の親子がお出迎え。

一部始終見てましたか、お恥ずかしい・・・。

受付で支払いをすると、あれ?

電話で聞いた料金より高いな・・・。

要するに電話では貸し切り湯のみの料金だったようで

プラス入浴料がかかるとの事。

あ~なるほどね。

まあ、しゃあないか・・・。

image
随分と複雑なつくりの館内をどんどん進んで上へ上へ。

増築に増築を重ねたのでしょう。

もはや迷路状態。

ひたすら貸し切り湯を探すと

ようやく「山上露天貸し切り湯」の看板が。
image
随分と上がってきたな。

おそらく宿の最上階かと。

そこにログハウス風の露天風呂を作ったわけか。

image
温泉分析表。って肝心のラドン含有量撮り忘れてるし・・・。

三朝温泉はラドンを多く含有しながらも

その源泉温度の高さが特徴と言われています。

ちなみに三朝温泉で最も源泉温度が高いのは

「薬師の湯」と呼ばれるところで

今回行ってないんですよね~。

河原風呂から歩いて行けるところだっただけに

行っとけばよかったと後悔。
image
そしてようやく貸し切り湯の「林檎の香」に到着しました。

それでは、失礼しま~す。



image
おお~!

これはすごい!!

本当に露天風呂だ。

貸し切りで露天風呂とはなかなか素敵な演出やね。

きれいな湯がかけ流されてます。

image
シャワーも露天に。

九州の温泉とかによくあるよね。

なんか高級そうなシャンプー類が並んでます。

image
入ってみると、このお湯、けっこう熱い。

朝から既に3つ目の温泉。

この熱さは結構こたえるな。


image
でも邪魔するもののない露天風呂に入っていると

こころが解放されて、ゆるゆる~と癒されますね。

image
ちょっとのぼせそうなので湯からあがり

塀の向こうを見下ろすと、

目の前に三徳川がよく見えます。

左を見ると昨晩泊まった「後楽」が。

そういえば昨夜宿から外を眺めてたら

屋上露天風呂で大騒ぎしてるファミリーが居たな…。

ここだったのか。
image
いい眺めですね。

身体から湯気がモクモクと登るのを見ながら

外の風に吹かれての露天風呂は気持ちいいね。

またまた湯船のふちにごろ寝してみたり。

ゆったりと三朝温泉のお湯を楽しみました~。

どうもごちそうさまでした。

ちなみに館内の他の浴場も利用できます。

今回は流石にパス。

また機会があったら入ってみようかな。



清流荘

鳥取県東伯郡三朝町大字三朝309

0858-43-0321

11:00~21:00

日帰り入浴 800円 貸し切り湯 +2,200円




*****

熱々の貸し切り露天風呂

気持ちよかったです。

その後、元湯と言われている株湯に

三朝温泉のお湯をいただいた感謝を伝えます。


image
image
image
飲泉もできますね。

味は意外とクセもなく飲みやすい。

体の外と中、両方から温泉の恵みをいただきました。

これで健康間違い無いな!

ありがとうございました。



☆☆☆☆☆



三朝温泉を離れ米子へお昼を食べにいきましょう。

目指すは「回転すし北海道皆生店」!

地物の美味しいお魚が評判のお店の様です。

旅のしめにふさわしいお店かと。


*****


9号線を走っていると

何やら気になるお店?が並んでいます。

寄ってみましょう。

(因みにこの旅は7月終わり頃の話になります)


image
ボロボロのバラックに「スイカ」?

しかも普通にお客さんたくさんいます!

image
これは鳥取県のブランド「大栄スイカ」の直売所でした。

image
大玉!ほんとデカイな!

しかし今の時代、路地販売とはある意味貴重です。

image
色んな種類のスイカがあります。

image
現物を品定めして「こいつ!」って買うみたいですが、

どれが良いかさっぱり分かりません。

お店の人に聞いて良さそうなのを選んで貰いました。

大きくて重たいスイカ。

帰ってからの楽しみが出来ました。

*****


その後「回転すし北海道皆生店」に行くと

・・・駐車場は満車。

中も順番待ちで人が溢れ返ってます。

機械で整理番号を取ると、

なんと180分待ち!

これは無理だ〜。

・・・仕方がない。

今回は諦めます。( ;∀;)

それにしても凄い人気ですね。

これは作戦立てないと無理だわ。



*****



お昼は適当にとって(笑)

それでは再度、旅のしめにしようと

以前行ってよかった皆生温泉の立ち寄り湯へ。

image
こちらです。

皆さん大好き「日帰り温泉オーシャン」!

皆生温泉の海岸線にあり

運が良ければ(2分の1の確率)の条件付きですが

海の見える極上露天風呂に入れます。


image
それではラストの温泉

行ってみましょう。


image
バリに旅行に来たような中庭が迎えてくれます。


image
image
image
今回運よく海の見える側に入れました~。

良かったです。

館内は当然人がいっぱいでしたね。

でもここでの目的は決まってます。

オーシャンサウナ05
<日帰り温泉オーシャンHPより>

まずはこれですね。

サウナ。

三朝温泉には無かったですね。

高温室内は段差もあり広さも十分。

最上段でしっかり汗をかきました。


水風呂でクールダウンしたら

ご褒美の露天へ。

オーシャン露天02
<日帰り温泉オーシャンHPより>

これですよ。

この眺めを求めてたんですね~。

日本海の水平線をぼーっと眺めながら

潮風にあたり、湯船につかる。

極上ですね。

ここの露天風呂。

気のせいですかね。

硫黄臭がわずかにあるんですよ。

成分表には書かれていないんですけどね。

硫黄臭が好きすぎて微量の臭いに反応したか?



ふらっと湯船から上がり奥のほうへ歩いていくと

なんと「ととのいイス」があるじゃないですか!?

知らなかった、こんなところがあったとは。

ととのいイスに寝転び、足を伸ばして

タオルで目隠してしまえば

耳から聞こえるのは

打ち寄せる波の音と風の音。

夏の終わりを感じるノスタルジー。

旅も終わりです。

寂しいね。

寂しくもあり、達成感もあり。

そして、一周回って(?)気持ちいい~。

まぶたの裏に見える世界がぐるぐる回ってきました。(ぐ~るぐる)

これですね~(ぐ~るぐる×2)

トトノイマシタ~(ぐ~るぐる×endless)



*****



さあ、鳥取温泉旅はこれですべて終わりました。

もう一度三朝温泉の河原風呂に入りたい。

その想いひとつから始まった2日間。

素晴らしい温泉に入れば

それだけで満足なんです。

でもそれだからこそ、みんなそれぞれの場所で

こだわりの温泉を目指すんです。


今回もとても印象深い旅になったし

いつまでも思い出す旅がまた一つ出来ました。


ただひとつ。

「回転すし北海道」

ここにはリベンジせんとね。



*****


最後に


image
家に帰って「大栄スイカ」いただきました。

めちゃくちゃ甘くて、みずみずしい美味しさ。

そして一瞬で冷蔵庫を占領してしまいました(笑)

毎日が楽しみ。最高です。


今回はここまで。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.