こんにちは。
コウさんです。

前回は旅の拠点に選んだスーパーホテル別府駅前店をご紹介しました。

朝食の前に少しお散歩に行きます。

駅前通りをしばらく歩くとカッコいい建物がありますね。

IMG_6085
IMG_6088
「音楽博物館 別府HITPARADE CLUB」

夜は賑やかなこの場所も朝はひっそりと眠っています。

オールディーズのダンスホール。

テレビで見たことありますね。

50年代のアメリカンスタイルで踊りまくってるセレブの社交場(笑)

本物の遊び人たちにしか味わえない未知の世界がここにはありそうです。

IMG_6087
決して色褪せることのない永遠の時間がここには詰まっているんでしょね。
IMG_6090
そしてここにも永遠の時間が!

「的ヶ浜温泉」

源泉100%掛け流し!

入浴料は!?・・・時価ですか?(笑)
IMG_6092
今は朝7時過ぎ。

別府の公衆温泉の朝は早いのです。

IMG_6854
なに?10時からだと!?

調子に乗ってバチが当たったか?

お湯の良さが評判だっただけに入りたかったが・・・。

3時間も待てましぇん。

縁がなかったですね。無念( ;∀;)。
IMG_6093
名残惜しいのお。

IMG_6095
公衆温泉のそばにはお地蔵さんが。

別府ではよく見かけます。

温泉を大切に思う気持ちが伝わりますね。

IMG_6098
結局ホテルの近くまで戻ってきました。

やはりここに入るしかないでしょう!

街の宝との呼ばれる「別府高等温泉」です。

向こうに見えるのが旅の拠点、スーパーホテル別府駅前店。

まあ、隣では散歩になりませんしね(笑)
IMG_6100
前回は「ぬる湯」に入りましたので、今回は「あつ湯」にチャレンジしてみます。

以前の別府高等温泉に行った時の記事はこちら

入浴料200円を払い浴室へ。

IMG_6103
レトロな体重計は今も現役です。

IMG_6104

IMG_6110
そして別府の特徴である半地下スタイル。

浴室を見下ろすので中の様子がよくわかりますね。

知り合いを見つけると声をかけて挨拶する地元の方の姿が浮かぶようです。
IMG_6101
美しい浴室。

ピンクやブルーなど色とりどりの仕切りガラスが浴室内を華やかにしています。

品格がありますね。
IMG_6106
誰もいない貸し切り湯

静寂の時が流れています。

しかし騙されてはいけません。

その湯の熱さは獰猛な激しさを秘めているのです(笑)

IMG_6107
獰猛なアチチの源泉が荒れ狂っていますぞ!

IMG_6108
ゆっくりとあつ湯に入ります。

たしかにこれは熱い。

でも湯の良さが、まだ入っていたいと思わせる魅力が!

少しでも体を動かせば、ピリピリとした熱さに悲鳴を上げそうになるので

じっと動かず我慢。

手先と足先はピリピリしっぱなし。

心臓はドキドキと高鳴り、額には汗が噴き出してきます。

それでも出がたいと思ってしまうのです。

いかん、このままでは湯あたりで倒れてしまう。

必死の思いで無理やり湯から上がり床に座ると真っ赤な身体から湯気がもうもうと吹き上がります・・・。

はぁーはぁー。危ない危ない。

温泉の魔物に飲み込まれるところでした。

黄色に濁った湯が波打ちこちらを見て笑っています。

構えすぎたらいかん。気楽な気持ちで入ろう。

再度入湯。

するとさっきまでの熱さが少し和らいだような。

湯船のふちに頭をもたげ目をつぶってみます。

まぶたの裏に朝日を感じながら

いつしかお湯のやさしさに包まれていました。
 

    



*****



脱衣所で着替え外でしばらく放心状態。

当然汗は止まりません。

でもとてもすがすがしい気分。



時間が止まっているのか、永遠の時間なのか。

どちらにしてもそんなものは幻想なのかもしれません。

あるのは今この時間だけ。

でも人の記憶や感動・経験はこの先ずーっと残り

生きる力になるはずです。


さあ、次の記憶を求めて

まだ見ぬ温泉へ行きましょう!



♨No.166 別府高等温泉(あつ湯)

大分県別府市駅前町13−14

0977-21-0541

6:00~24:00 200円





今回はここまで。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.