こんにちは。
コウさんです。

前回夜中に別府の公衆温泉を求めてブラブラと巡りました。

今回もその続きになります。

上田の湯九天日温泉を出てから楽しくなって

もう一件温泉に入りたくなりました。

ホテルからは少し離れていきますが

歩いて10分ほどのところに公衆温泉があります。

さっそく行ってみましょう。

亀の井ホテルからすぐの場所にあり

少しわかりにくですが公民館の中にあります。


IMG_6199
ありました。「此花温泉」

看板を頼りに奥へ進むと、
IMG_6200
家の玄関の様な入口があります。

思わず「ごめんください」と言ってしまいそう。(間違いではない)

中は比較的新しい建物の様です。

かつてこの此花温泉は2010年に火災で焼失し

その後義援金などを募って再興したそうです。

大変な時期を乗り越えて温泉を大切にしているところは

島根の三瓶温泉そばカフェの元湯にも感じるところがあり

応援したくなります。


入浴をお願いし料金を聞くと

100円との事。

いや、ほんとにありがたくお湯を頂戴します。

IMG_6201
注意書きが色々あります。

高温の源泉は常にかけ流されている為

冷たい地下水を混ぜて調節している様です。

IMG_6202
浴槽の中に可愛らしい小判型の湯船が見えます。

めんこいの〜!

IMG_6203
奥の方に源泉の給湯栓があります。

地元の常連さんと話をしてたら

この栓を抜いてくれました。

すると湯船の底から温かいお湯がどんどん流れてきます!

ちょっとぬるいなあ〜と感じてたので助かりました。

IMG_6204
IMG_6205
温泉分析表

泉質は中性 低張性 高温泉の単純温泉

泉温は64℃

IMG_6206
IMG_6207
水道水は有料。

資源には限りがあります。

大切に使いたいですね。
IMG_6208

朝も6:30から22:00まで営業しててこの料金。

頭が下がります。

地元の方との会話が楽しめるアットホームな公衆銭湯温泉とでも言いましょうか。

心も身体の元気になれる心地の良い場所でした。




♨️No.170 此花温泉

大分県別府市光町7−4

6:30~12:00 14:00~22:00

100円





駅前のホテルに戻るとあたりはすっかり明るい電気で溢れています。

夜の暗闇が異質に思えるほど、電気の明るさに馴染んでしまっていました。

昼の様に明るい夜の時間。

不自然なのはどちらなのかは明らか。

自然の流れに素直に身を任せ

暗闇の怖さを感じ、太陽のありがたさを感じる世界が

本来の姿だと思いませけどね。


さあ明日はいよいよ3日目、最終日です。

新しい出会いに期待しましょう♪


今回はここまで。
最後まで見て頂きありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.

(この旅は2020年9月に行った時の話です)