こんにちは。
コウさんです。

今回は岡山県の日帰り温泉をご紹介します。

岡山で以前から気になる温浴施設があり

瀬戸内海を眺めながらの露天風呂が

HPに紹介されていました。

最近はサウナを楽しむ機会が増え

一つの施設に長い時間過ごすのもいいなと思い

思い切って行ってみることにしました。

岡山駅前のホテルで前泊し

玉野市に向かいます。

IMG_6496
「瀬戸内温泉たまの湯」

殿様の屋敷か別邸の様でもある

素敵な入口門が迎えてくれます。


IMG_6497
IMG_6498
IMG_6499
下足入れも和モダンなデザインでテンションが上がりますね。
IMG_6500
ロビーも床の照り返しが歴史を感じる建物です。

以前は大きな屋敷だったか、別の場所から移築したのでしょうか?

受付を済ませロッカーキーと館内着、タオル類の入ったバッグを受け取ります。

IMG_6501
歴史ある和の家具など、九州の湯布院や黒川の様な雰囲気を感じますね。
IMG_6502
IMG_6503
廊下も畳敷。

素足で歩けて気持ちいいです。

ちょっと2階の休憩室を下見しましょう。
IMG_6504
窓から小豆島などへ向かうフェリー乗り場が見えます。

座椅子も間隔を取って海を見る様に並んでてゆっくりできそう。
IMG_6506
IMG_6508
段差もあるので視界を遮りません。

IMG_6509
IMG_6510
漫画コーナーも充実してますね。
IMG_6511
小部屋の休憩所もあります。

それでは浴室へ行きましょう。

IMG_6512
IMG_6514
温泉分析表

泉質はカルシウム・ナトリウムー塩化物泉

IMG_6515
弱アルカリ性でラドンも豊富に含まれているようです。

IMG_6516


入り口から右手に洗い場があります。

シャンプー、リンス、ボディソープはもちろん完備。

シャワーもあります。

さっと体を洗ったら内湯へ。

内風呂
<写真:瀬戸内温泉 たまの湯HPより>

内湯です。

露天風呂の見えるガラス窓からは明るい日の光が差し込み

とても爽やかな印象ですね。

内湯は2つあり、水を温めた白湯の「あつ湯」と

天然温泉の「ぬる湯」があります。

少し濁りのあるぬる湯は塩分が高くてちょっとしょっぱいね。

保温効果が高い塩化物泉。

ここは最後にもう一度入りに来よう!

スタジアムサウナ
<写真:瀬戸内温泉 たまの湯HPより>

スタシアムサウナへ。

横長で3段の広いサウナです。

余裕のあるスペースで自分のペースで入ることが出来るのがいいですね。

狭いサウナだと順番待ちになることもあって

いろいろと気を遣うんですよね。

ここのサウナは適度に薄暗い室内で自分のことに集中できます。

いろんな考えをまとめたり、ふといいアイデアが浮かんだり。

熱い室内で修行のように汗をかくだけが

サウナの効果という訳ではないと思う。

こころのデトックスも大切。


汗をかいたらサウナを出てすぐに冷水風呂があります。

深さも十分あって気持ちいい~!


沢の湯
<写真:瀬戸内温泉 たまの湯HPより>

露天風呂です。

「沢の湯」

大きな露天風呂ですね。

HPでみた瀬戸内海をながめながらの露天風呂は

今日は女湯側の「棚田の湯」

定期的に男女で入れ替えているみたいです。

今度は「棚田の湯」にも入ってみたいですね。


広々とした露天風呂は結構浅瀬。

とりあえず冷水の後は外気浴します。

屋根付きの板の間がありそちらで大の字に。

屋根で太陽が遮られちょうどいい感じ。

海風はちょっと冷たいけれど

心地よいです。


陶器風呂
<写真:瀬戸内温泉 たまの湯HPより>

ごろ寝から起きたら隣にある信楽焼の「陶器風呂」も楽しい。

ここは人気で常にだれか入ってます。

子供がいると何人かで遊んで入っているんで

正直ちょっと迷惑。

陶器風呂ってそれほど楽しいお風呂ってことですね。

天然温泉がかけ流しされていて極上の贅沢風呂。

昼以降はちょうど日差しがまぶしく感じました。


塩サウナ
<写真:瀬戸内温泉 たまの湯HPより>

そろそろサウナに戻ろうかと移動しかけたところ

左手に小屋のような建物に扉が

なんだろうと思って近づいてみると

中は「塩サウナ」でした。


分かりずらい場所にあるせいなのか

中には誰もいません。

低めに加湿された庫内の中央には

山盛りの塩が!

さっそく塩を全身に塗りたくって

じっと座っていると・・・、

じわ~っといい感じの汗が噴き出してきます。

ミストサウナは好みではないのですが

塩サウナになっていると話は別。

なぜなら出たときにご褒美があるから。

そうです。塩サウナを出た後の肌は

メチャクチャつるすべの肌になっていてるんですよね!

これはおっさんでも嬉しいもんです。


少し休憩後に2回目のスタジアムサウナへ。

しっかりと汗をかき冷水でクールダウンしたら

内湯の前のととのいイスで再度休憩。

ガラス越しの露天風呂は瀬戸内海を借景にした

情緒ある美しさ。

自然を感じる統一感のある和のデザインが

くつろぎと落ち着き、癒しを与えてくれています。

ここはいいところだな~。

なんといっても瀬戸内海に面した場所にあるってのは魅力的ですよね。

海や川など水のある景色は何故か見ていて飽きないんですよね。

どうしてなんでしょうね。


風の湯船
<写真:瀬戸内温泉 たまの湯HPより>

露天にある最も海に近い湯「風の湯舟」。

熱めのお湯に浸かりながら

柵の隙間から冷たい潮風が吹いてきます。

しっかりとした屋根が半露天になっていて

ゆったりと長湯できますね。

手足を十分に伸ばせる広さがあり

心地よさに笑ってしまいます。

いろんな楽しみ方のできる浴槽があって

2時間は入ってたんじゃないでしょうか!

もちろん水分の取って、時々休憩しながらですけれどね。

最後に塩化物泉の天然温泉「ぬる湯」で

しっかりと保湿成分を体にコーティングしてから上がりました。



*****



館内着に着替えたら

ちょうどお昼ごろですので

館内のレストランへ。

IMG_6520
「旬菜旬魚 海廊」

海の幸と言えば

最近は定番となってきたメニューを注文。


FullSizeRender
来ました~。「瀬戸内海鮮丼」です。

豪快に乗ったネタ~。ウニやイクラも乗っけてくれてますよ~。

わさび醤油でいただきます。
IMG_6519
美味しそう~!


瀬戸内海を眺めながら座席もスタジアム的な段差があって

お隣が気にならないのがいいですね。

風呂上がりにポカポカで気持ち良くなってからの

うまうま海鮮丼!

極楽極楽~。

場内めしにも手抜かりなしのかなりハイレベルな温泉施設です!


2階の休憩所で漫画をよみながら過ごすのも良し。

マッサージ室もあるので身体のコリをほぐすのも良し。

館内で時間の許す限り好きなように過ごせる快適な空間が準備されていました。






♨No.171 瀬戸内温泉 たまの湯

岡山県玉野市築港1丁目1−11

0863-31-1526

10:00~23:00 定休日第3火曜日

平日1,600円 土日祝日1,900円




IMG_6521
また必ず来ますね~!!


*****



休日にはスーパー銭湯を楽しまれている方も多いと思います。

でもここまでコンセプトのしっかりとた温浴施設で

まるで有名温泉地にでもいるような満足感の得られるところは

そうはないと思いますよ!

少し大人の休日を過ごしたい方に

特におすすめできる場所ではないでしょうか。

あ~また行きたいな~



今回はここまで。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは。Good day.See you soon.



(この場所は2020年10月に行きました)