こんにちは。
コウさんです。

今回は1月に下関へ美味しい食べ物と日帰り温泉を楽しんで来ました。

GoToキャンペーンが中止となり
宿泊旅の魅力がなんだか減ってしまったように感じてしまうのは私だけではないでしょう。
でも予約が取れないほど加熱した状況が異常だったのかもしれません。
今は平和に予約しやすくなっています。
ゆっくりと余裕を持って宿泊先を選んでみましょう。

そこで山口県下関にある「スーパーホテルPremier下関」に前泊して美味しいお魚を食べ、のんびり日帰り温泉を楽しもうと思います。

「スーパーホテルPremier下関」
…プレミアですよ!
ホームページを見ると天然温泉付きで部屋のTVでは YouTubeが見れます!
やりました!別府で体験しましたが感動したので楽しみです!(笑)


*****


仕事を終えたら直ぐに出発。
下関に着いた時には雪が降ってました。
大丈夫かいな?
とか言いつつも全然大丈夫なんです。
新しいスタッドレスに履き替えたので。
こんな時は4WDのジムニーで良かったなぁと感じますね♪

スーパーホテルに着いたけれど
隣接の駐車場は満車。
フロントに確認すると少し離れた所に契約駐車場があるとの事。
そこに車を止めて歩いてホテルへ向かいます。
かなり雪が降ってきたな。
傘を忘れたので頭の上は雪で真っ白になってます。


下関海峡タワーが見えて来ました。

IMG_7040
おお!
タワーのライトに照らされた雪がまるで生き物のように舞っている!
タワーにぶつかった風が乱気流となって不思議な動きをしているのがよくわかります。
見たこともない光景に圧倒されました。

***

寒さに震えながらホテルにチェックイン。
取り敢えず天然温泉で温まりましょう!

IMG_7041
スーパーホテルのお風呂はそれぞれ固有の名前が付けられてます。

ここは「海響の湯」

泉質は書かれていませんが、地元で有名な和楽の湯から送られているようですね。
IMG_7042
コンパクトサイズの脱衣所。
ドライヤー完備してます。

IMG_7043
ロッカーも鍵付きで安心です。

IMG_7044
浴室へ。

IMG_7045
木の椅子と湯桶が温かみを感じさせます。
癒されますね。

IMG_7046
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ完備。
スーパーホテルのお風呂のレイアウトは何処も大体同じです。

IMG_7047
お湯は天然温泉です。
身体の芯まで温まっていきます。
寒さからじんわりと温められていくのがなんとも心地よい瞬間。

IMG_7049
明るさを抑えた室内は落ち着きますね。

IMG_7051
そう言えば今日は仕事してたんだよな〜。
そう考えるとこうしてホテルの天然温泉に浸かっている事がなんと贅沢な事か!
いや〜、申し訳ない(笑)

寒かった身体がポカポカになりました。

IMG_7052
フェイスケアもありますね。

IMG_7053
温泉は夜間ずぅーと入れるようですね。
お好きな人は是非どうぞ。
明日の朝風呂にも行ってみようかな。

風呂上がりはスーパーで買ってきた惣菜を食べながらYouTubeを楽しみます。
検索入力が少し手間ですが壁掛けテレビで好きなチャンネルを楽しめるのは良いですね。
やはり大画面は臨場感が違います。
いつか家のテレビでYouTubeを思いっきり観たいですね。


*****


翌朝、予定通り朝風呂を済ませ、ホテルをチェックアウト。

朝食は軽めのお弁当でした。
これは予定通り。
何故ならこれから「唐戸市場」で握り寿司を頂こうとおもっているわけですよ!♪


IMG_7054
駐車場はまだガラガラでした。
好きなところに止め放題。

IMG_7055
館内へ。

IMG_7056
人が…、少ない。
いや、ほとんどいない。

市場の握りを売ってるお店は開いてますが、
数が少ないですね。
やはりコロナの影響でしょうか。
まだ早い時間なのも影響してるでしょうね。

ゆっくり選べるのは良いのですが、
お店の人たちに集中的にガン見されてる気がしてゆっくり選んでられない。
焦りますな〜💦

ふく味噌汁とふくの唐揚げ、マグロの脳天など
唐戸市場ならではの品々を何点か購入。

IMG_7062
海の見える屋上の芝生で食べることにしました。

景色はいいのですが、寒い。
休憩室は密を避けるため閉鎖されており入れませんでした。

下関1

寒さに耐えながら、暖かいふく味噌汁をいただきます。
既に冷えて来てますな。
でも味が染みてて濃厚。美味しいです。
去年走った下関海峡マラソンの時もゴール後にふく味噌汁を振る舞って頂きました。
あの時は辛い思いをした後のご褒美で、ほんとありがたかったです。

下関2
ふくの唐揚げ
骨に注意して食べましょう!

下関3
マグロの脳天。
トロみたいに溶けていきます。

下関4

握り寿司はどれも新鮮で脂が乗ってます。
しかもボリュームが凄い!
朝食が少なめで良かった(笑)
いくらでもいける感じで、あっという間に完食です。
ごちそうさまでした。


唐戸市場

山口県下関市唐戸町5−50
083-231-0001
生き生き馬関街(週末限定の握りずし売り場)
金・土 10:00~15:00 / 日 8:00~15:00





*****



お腹いっぱいになり落ち着いたので、
次は日帰り温泉へ向かいます。

スーパーホテルの天然温泉の源泉にもなっていだ場所ですね。

IMG_7068
到着です。「天然温泉 和楽の湯 下関せいりゅう」
敷地内にはスーパーや薬局、スポーツ用品店などがあり広大な駐車場があります。

IMG_7070
入館料と別料金になりますが、館内着も貸してもらえます。プラス200円でOK。
ついでにタオルもお土産に購入♪

IMG_7071
ロッカーは鍵付きです。
貴重品も安心ですね。

浴室は利用者が多く人気の程が伺えます。
入って左側奥に洗い場。右に内湯、ジェットバス。
大きな窓の外には露天風呂がひろがっています。
左手前にサウナ、水風呂といった感じですね。
天然温泉が楽しめるスーパー銭湯ですね。

下関13
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>
極小の気泡が気持ち良い 絹の湯

下関14
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>
ジャグジー

身体を洗ったらいきなりサウナへ。
下関15
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>

入り口にマットがあるので持って入ります。
横長な室内はかなり広い。
3段で16〜20人くらいは入れそう。
テレビ付きで長くいても飽きません。
室温は90℃弱。湿度もあって息苦しさはありません。
・・・とはいえ最上段に座ると流石に熱い。
10分くらいで水風呂へ。

水風呂は深め。
18℃くらいでしょうかね。
かなり気持ちよかったです。

水風呂から上がったら露天風呂の奥へ。
下関11
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>
露天風呂 大岩の湯

木々に遮られてわかりにくいですが、
ここには寝転びスペースがあります!
下関12
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>
寝ころびの湯

見つけた時は思わずガッツポーズをとりました。全裸ですが(笑)
暖かいお湯が背中を流れる形で、外で寝転んでいても寒さを感じにくくしてくれます。
嬉しいですね〜。

寝ころびの湯は壁が無く屋根だけなのですが、
風除けのためにビニールで壁を作ってくれてます。
これもありがたいですね~。

外はかなり気温が低いのですがお陰で長い時間外気浴を楽しむ事ができました。
露天風呂は大きめの岩風呂の他に
少し離れたところに小さめで四角い露天風呂もあります。
下関10
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>
竹林の湯

ここは住宅街の中にあるのですが、周囲を木々に囲まれていて
自然の中にいるような癒しのスペースになっていますね。
ととのい椅子も2つほどあり、ゆったりとした自分の時間を満喫できます。

2回目のサウナはミストサウナへ。
下関16
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>
低温塩サウナ

ここは塩が常備されています。
身体に塗りたくって待つこと10分。
シャワーで洗い流せばツルツル肌の完成!
塩サウナの魅力が伝わってないのか、どこに行ってもミストサウナはガラ空き。
昭和ストロングスタイルで熱いサウナに耐え
ガッツリ汗をかいた後の水風呂は確かに最高です。
でも低温ミストサウナでも汗をかけますし、
その後の冷水ももちろん大丈夫ですよ。

体の負担も少なくて美肌まで手に入れる事が出来るので
サクッと利用するのが正解だと思います。

*****

3回目のローテーションが終わったら、
一度お風呂から上がり館内着に着替えました。

お昼過ぎに館内の食事処へ。
下関17
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>
お食事処

FullSizeRender
親子丼とミニうどんセットをいただきました。
どちらも出汁が効いてて美味しかったです。
館内着があるとサッと着替えれますし、かなり楽なので便利ですよね。
料金も安いのであればありることをお勧めします。

2階には休憩室もあります。
下関18
<写真:和楽の湯 下関せいりゅう HPより>

テレビがあるので仮眠というわけには行きませんが、
畳敷きで落ち着いたスペースです。
湯上がりの休憩は大事。しっかりと休憩を取りましょう。

休憩を取ったら再入浴。
天然温泉にも浸かり少し冷えた身体が温まりました。
特に西日の差し込む時間の浴室内の湯煙が光のカーテンとなりとても美しい光景に見惚れてしまいます。

夕方になると人も増えてきて随分と賑やかになってきます。
余裕があれば午前中の利用がおすすめですね。

地元の人気温浴施設をたっぷりと堪能しました。ありがとうございました。



♨No.179 天然温泉 和楽の湯 下関せいりゅう

山口県下関市新椋野1丁目2−15
083-229-4126
10:00~23:00 木曜日定休
入館料 1,200円 / 岩盤浴 1,400円(別途)
貸出品 バスタオル、館内着 200円
販売 フェイスタオル 200円 等々




*****


今回はホテルに前泊して日帰り温泉をひとつだけゆっくりと過ごしました。
滞在型施設の魅力が日に日に増していくように感じています。
源泉掛け流しのこじんまりした温泉から大型施設までそれぞれに違った魅力があります。
どちらかが正解でも無くそれぞれの個性を感じてこれからも巡っていきたいですね。

今回はここまで。
最後まで見て頂きありがとうございました。
それでは。

(2021年1月に行ってきました)